平成25年度総会無事終了

  • 投稿日:
  • by
 「エルムフィッシングクラブ」(古谷忠雄会長:以下会員31名)の平成25年度総会が、中島町「和牛焼肉金太郎」で行われました。古谷会長の挨拶では、「大変きびしい寒さが続いていますが、安全に釣りを楽しんで頂きたい」とのお話がありました。その後、議題に入り、事業報告・収支決算報告・会計監査報告がスムーズに報告され満場一致で承認されました。

 新年度の事業計画なども例年通りに行われることとなり新入会員2名の紹介もされました。さらには、会員からの新提案で年間行事となっているサーモンダービーの他、大人気のソイもダービーにいれてはどうかとの話があり、後の検討材料として持ち帰ることとなりました。
その後、新年交礼会に移り、阿部会員の力強い乾杯の発声で、皆さん美味しい焼き肉を食べながら、大好きな釣りの話や腕自慢など、釣り情報交換もされ、時間が経つのも忘れ歓談されていたようです。 最後の乾杯は、横内会員のご発声で約2時間の宴を閉めて二次会へと移りました。

 エルムフィッシングクラブという会は、遊漁船業、旅客船業を営む株式会社エルムの創業者である古谷忠雄が終身会長を務めている、言ってみればKKエルムの応援団体的な組織と考えて頂ければ良いかと思います。船と海を愛する会員の親睦、海洋レクレーションの発展、海事思想の高揚など、地域社会に貢献することを目的としております。昭和54年に同会が発足し平成10年には会員数が65名となりましたが、会員の高齢化が進み現在では、約半分の会員数となりました。新入会員も入ってきますので、まだまだ釣り好きは大勢いるようです。「安全優先」で、釣りを楽しみましょう。