イルカ鯨ウォッチング「大きく移動」

  • 投稿日:
  • by

本日、晴天でしたが多少東よりの風があたり所々白波がたっていました。カマイルカを見つける目安は、波飛沫と鳥の群れです。ミズナギドリが少ない今年の噴火湾は、遠くの波飛沫でカマイルカの群れを特定して船を向けています。ここ最近のカマイルカは複数の群れが、一つになり大群となって大きく移動を繰り返しています。そこで、上手くカマイルカの群れがある所に船が向かえば大群と遭遇できますが、そうでなければ何も見られないことになってしまう難易度の高い時期に突入となりました。本日もカマイルカの群れが見つかったのはタイムリミット間近でした。「海洋動物探索の楽しみ!」や「群れが見つかり出会えた時の喜び!」は、イルカウォッチングの醍醐味の一つになります。残り少ない噴火湾の夏、カマイルカと出合えるのはいつまでなのか…明日も、楽しい出合いを信じて走ります!